グァバ茶とは

  1. トップページ
  2. グァバ茶とは

グァバ茶とは

基本情報
グァバとは、フトモモ科バンジロウ属に属する常緑中高木植物です。樹高は3~4mで、樹皮はスベスベとしています。
卵形の葉を持ち、5枚の花弁を持った白い花を咲かせます。グァバの果実は特有の香りを持ち、小さく硬い種子を持っています。果肉の形や色、味などは品種によって様々です。
グァバの原産地・生産地
グァバの原産地は、熱帯アメリカなどの熱帯や亜熱帯の地域です。
グァバの主な生産国は、ブラジルやアメリカ・ハワイ・ニュージーランド・インド・台湾などです。日本では、沖縄県での生産量が最も多く、他にも気候が温暖な鹿児島県などでも生産されています。
グァバの品種
グァバは世界に160種類以上もの品種があるといわれています。
地方名や果肉の色、形などが名前の由来となっていることが多く、同じ品種のグァバでも地域により呼び名が異なる場合があります。例えば、果肉の色が赤やピンク色だと「スイカグァバ」、果実が大きいと「キンググァバ」、果実が丸形だと「アップルグァバ」と呼ばれることがあります。
またハワイが原産地であるバーモントや台湾が原産地である東山月抜、インドが原産地であるラックナウ49などの品種もあります。
よく市場に出回っているストロベリーグァバやイエローグァバは、分類学上はグァバとは別の種類ですがグァバの仲間として扱われています。
グァバの歴史
グァバは、紀元前前から熱帯アメリカの先住民の間で食用として親しまれていました。
16~17世紀に東南アジアに伝わり、身を食べる以外にも葉がお茶として用いられていましたが具体的な健康成分は科学的には証明されていませんでした。近年の研究により、グァバの健康成分が科学的に証明され、グァバの葉から作られるグァバ茶などは特定保健用食品(トクホ)として商品化され、血糖値が気になる方や健康志向の高い方の間で人気を高めています。
現在でも台湾などの東南アジアでは、街中でも販売されており簡単に手に入れることができます。また、多くの家庭の庭にもグァバが植えられており、親しまれています。
グァバの用途
グァバは果実を生で食べる他、ジャムやジュース、ゼリー、お菓子などに加工され食べられています。また、グァバの葉はお茶にして飲まれています。
グァバは室内で育てることが可能なため、園芸用としても用いられています。
グァバの選び方・保存方法
保存方法として、直射日光が当たらなく、湿気の入らないようしっかり蓋又はチャックをして保管してください。
また、強い光が長時間当たると、茶葉が赤く変色し、風味が落ちます。
ダイエット効果
グァバの葉に含まれているポリフェノールの効果により、体内に吸収されるブドウ糖の量が減少します。
体内に余分に吸収されたブドウ糖は、脂肪に変換されて蓄積されます。このため、体内での脂肪合成減少が見込まれ、ダイエット効果が期待できます。
動脈硬化を予防・改善する効果
血液中の悪玉(LDL)コレステロールが増加すると、血管の内壁が脂質で分厚くなり、こぶのようにせり出して血管を狭めるため、高血圧や動脈硬化などが引き起こされます。グァバの葉や果実に豊富に含まれるビタミンCや食物繊維には、血中の悪玉(LDL)コレステロールを減少させ血液をきれいにする働きがあります。さらに、ケルセチンには血液中の抗酸化力を高め、血流を改善したり、血管の健康を保つ効果があり、動脈硬化の予防に効果的です。
高血圧を予防する効果
グァバの葉や果実にはカリウムが豊富に含まれています。カリウムは体内でナトリウムとバランスを取り合って存在しています。体内のナトリウム濃度が高くなると、濃度を薄めようとして水を取り込み体液量が増加してしまうため、血管が圧迫され血圧が上がってしまいます。カリウムには、ナトリウムを排泄させる働きがあるため高血圧の予防に効果があります。
便秘や下痢を解消する効果
グァバの葉や果実に豊富に含まれる食物繊維は、腸内の有害物質を吸着して一緒に体外へ排泄する働きを持っています。また、腸内の善玉菌を増やし、腸の調子を整える働きも持つため、便秘の解消に効果を発揮します。さらに、グァバの葉に含まれるタンニンには抗菌効果があり腸内の悪玉菌を減らす働きがあるため、下痢の予防にも効果的です。
感染症を予防・改善する効果
グァバの葉や果実にはビタミンCが豊富に含まれています。 ビタミンCは、血液中の白血球、特に好中球に多量に含まれており、体外から侵入してきた細菌やウイルスなどを撃退する役割を担っています。ビタミンCは白血球の働きを高め、ビタミンC自らも細菌やウイルスと闘う力を持っています。さらに、β-カロテンやビタミンEと一緒に摂取することでビタミンCの働きが強くなるため、グァバを積極的に摂取することで免疫力を高め、風邪などの感染症を予防したり、病気の回復を早める効果があります。
ストレスをやわらげる効果
グァバの葉や果実に豊富に含まれるビタミンCには、心地良さなどの感情をつくり出すドーパミンややる気を起こさせるノルアドレナリンなどの神経伝達物質と、ストレスをやわらげる副腎皮質ホルモンの合成をサポートする働きがあります。ビタミンCが含まれるグァバには、ストレスに対する抵抗力を高めたり、イライラを鎮める効果があります。
美肌・美白効果
グァバの葉や果実に豊富に含まれるビタミンCやビタミンEには、シミやそばかすを予防し、ハリのある若々しい肌を保つ効果があります。
シミやそばかすの原因となるメラニン色素は、アミノ酸の一種であるチロシンから生成されます。
ビタミンCにはチロシンからメラニンをつくり出す、チロシナーゼという酵素の働きを抑制し、メラニン色素の沈着を防ぐ効果が期待できます。さらに、ビタミンEには血管を広げて血行を良くする働きがあるため、新陳代謝が活発になり肌にハリを与える効果があります。
またアトピー性皮膚炎の改善にも役立つことも報告されており、肌に対する働きも期待されています。
丈夫な体をつくる効果
グァバの葉や果実に豊富に含まれるビタミンCは、丈夫な血管や筋肉、骨、肌などをつくるコラーゲンの合成に必要不可欠な成分です。コラーゲンはたんぱく質の一種で体内のたんぱく質の約30%を占めており、体の組織や細胞をしっかり結びつける接着剤のような働きをします。ビタミンCがコラーゲンの合成をサポートすることで壊血病の予防や骨を丈夫にする効果があります。さらに、β-カロテンは体内で皮膚や爪、髪などの健康を保つ働きがあるため、グァバは丈夫な体づくりや健康維持に効果的であるとされています。
疲労回復効果
グァバの果実には、ビタミンB群が豊富に含まれています。 ビタミンB群は体内で糖質の分解を助け、効率良くエネルギーへと変換するサポートをするため、疲労回復の効果が期待できます。
  • グァバ茶
    糖尿病を予防・改善するポリフェノールが含まれ、ビタミン類が豊富で抗酸化作用のあるケルセチンも含まれています。
  • 商品紹介
    農事組合法人グァバ生産組合の組合員が作った100%県産のグァバ葉を乾燥・焙煎して、グァバ茶を製造しています。
  • 組合紹介
    沖縄県うるま市にある農事組合法人グァバ生産組合は、健康によいグァバ茶を製造している組合です。
  • 農家紹介
    農事組合法人グァバ生産組合のグァバを栽培している農家さんを紹介しています。
  • さとふる

ページトップへ戻る