組合紹介

  1. トップページ
  2. 組合紹介

概要

名 称
農事組合法人グァバ生産組合
所在地
沖縄県うるま市字兼箇段617-1
代表者
代表理事 座間味 良明
設 立
平成17年5月23日
出資金
1409万円
組合員
29名
理 事
冨里 朝健 桃原 隆 山城 俊雄 諸見里 安和
従業員
11名(パート含む)
事業内容
グァバ茶製品の製造販売
理 念
「安心・安全なグァバ茶づくりを通してお客様の健康に寄与し長寿県沖縄の復活に貢献すること」

組合沿革

昭和63年11月
新垣 喜納 久高
グァバ栽培について資料収集
平成元年7月
新垣 喜納 久高
フルーツカンパニー糸満農場、松長農場(グァバ園)視察
平成2年2月
新垣 照屋 久高
グァバ栽培している方は希望者に呼びかけ、集合を持つことに決める
平成2年2月
沖縄市松本七福神で11名出席
組合組織について話し合い決定し準備員4名選出
平成2年5月
沖縄市松本七福神で沖縄県中部グァバ生産組合設立総会16名
規約の承認 役員選出
組合長1人、副組合長1人、事務局長1人、監事2人、理事 若干名
平成3年10月
具志川市農協訪問グァバ栽培の現状を報告
平成4年5月
定期総会新加入者5名承認
平成4年8月
先進地視察市のマイクロバスで24名
沖縄農園、中山農園、松長農園、金煌の里
平成4年10月
グァバ生産部会結成準備会
出荷について話し合い
平成5年12月
具志川市農協グァバ生産部会を設立
乾燥機を導入
平成6年4月
グァバ茶製造開始
平成7年6月
ティーバッグ製造開始
平成10年3月
ティーバック製造機を導入し、自社製造を開始
平成17年3月
沖縄県より薬用作物(グァバ)として具志川市(現うるま市)が拠点産地に認定
平成17年5月
農事組合法人 グァバ生産組合を設立
平成17年6月
ペットボトル500mlの製造開始
平成24年3月
グァバ茶ペットボトル(500ml)がうるま市の特産推奨品に認定
平成25年2月
グァバ茶ペットボトル(340ml)製造
『全国環境保全型農業推進コンクール』で優秀賞受賞(グァバ生産部会)
平成26年11月
焙煎機を導入
平成27年1月
沖縄県農村漁業賞受賞(グァバ生産組合)
平成27年2月
焙煎グァバ茶(リーフ・ティーバッグ)の製造開始
6次産業事業者に認定
平成27年4月
グァバ茶ペットボトルを340mlから350mlに変更

アクセスマップ

※★:グァバ生産組合の看板が目印で立っています。


※★:工場入口です。

  • グァバ茶
    糖尿病を予防・改善するポリフェノールが含まれ、ビタミン類が豊富で抗酸化作用のあるケルセチンも含まれています。
  • 商品紹介
    農事組合法人グァバ生産組合の組合員が作った100%県産のグァバ葉を乾燥・焙煎して、グァバ茶を製造しています。
  • 組合紹介
    沖縄県うるま市にある農事組合法人グァバ生産組合は、健康によいグァバ茶を製造している組合です。
  • 農家紹介
    農事組合法人グァバ生産組合のグァバを栽培している農家さんを紹介しています。
  • さとふる

ページトップへ戻る